mn'95blog

映画や音楽などいろいろ。

あのバンドがスピッツを歌ったら

先日「このバンドがスピッツ歌うならこの曲だよな!」という会話をして、なかなか楽しかったので自分用のメモ程度にここにまとめてみようかと思います。

私はいろんなバンドを広く聴くタイプではないので、出てくるバンドはかなり限られるけれど、そこは、まあ、そういうことで。

 

SHISHAMO→「恋のうた」


Spitz 恋のうた live


SHISHAMO「夏の恋人」

Vo.朝子さんが「すぅっ…お~さ~え~」ってやるのしっくりくる。切ない声がぴったり。カバー是非聴きたい。実は、最近までスピッツのカバー受け入れられない症候群だったのだけれど、NICOの「歩き出せ、クローバー」を聴いてから「カバー全然アリじゃん!」と心変わりしたのです。あのカバーは本当にカッコいい。


『JUST LIKE HONEY ~『ハチミツ』20th Anniversary Tribute~』ダイジェスト試聴映像

 

SAKANAMON→「あわ」


SAKANAMON - ぱらぱらり 【YouTube限定MUSIC VIDEO】

またもや『名前をつけてやる』の曲になってしまった。「醤油の染みも落ちたよ」とか「でっかいお尻が大好きだ」って歌ってほしい。Vo.藤森さんの声で。SAKANAMONのイメージにしっくりくるなあ、「あわ」。

 

挫・人間→空もとべるはず


挫・人間「可愛い転校生に告白されて付き合おうと思ったら彼女はなんと狐娘だったので人間のぼくが幸せについて本気出して考えてみた」


スピッツ / 空も飛べるはず

「や、挫・人間はスピッツどうだろ…」と最初は思ったのだけれど、案外ゆったりした曲がしっくりくることが判明。(あくまで個人的に。)マサムネさんって、ちょと中性的というか、性別を超越して素敵というか。そういうことろがVo.下川さんともしっくりくるのかも。でもせっかくなのでBa.のアベさん(とても上手い)にスピッツのうねりまくるベースラインを弾いてほしいなあと思ったりもする。挫・人間、実はベースラインがけっこうカッコいいのだ。

 

スカート→SUGINAMI MERODY


スカート / CALL 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

「SUGINAMI MERODY」は『色々衣』に入っています。爽やかで繊細なギターの音、いい意味で軽く抜けるカンジの楽曲。スカートになんてぴったりなんや…。これもぜひ聴きたい。澤部さん、口笛担当してたし、もし次にスピッツのトリビュートアルバムが出るなら、けっこう有力候補なのでは…?それをいうとチェコもだけれど。


スピッツ / みなと

 

アジカン→メモリー


ASIAN KUNG-FU GENERATION 『転がる岩、君に朝が降る』


スピッツ / メモリーズ

はじめて「メモリーズ」のMV見る人は、ダサすぎて引くんじゃなかろうか。アジカンはトリビュートで既に「グラスホッパー」をやっているけれど、「メモリーズ」もカッコいいと思う。

 

今回挙げなかったバンドでもまた考えたら、楽しそう。個人的にこのなかでしっくり度が一番高いのはスカートの「SUGINAMI MERODY」です。あ、「SUGINAMI MERODY」、花泥棒がやってもいい感じな気もする。花泥棒なら「海を見に行こう」とかも良さげ。


【MV】 花泥棒 / デイドリーム

このMV、もうそれはそれは可愛い。こんなの女子イチコロや。花泥棒、音綺麗だし気になってるんだけれど、声があんまりピンと来なくてそれ以上踏み込んでない。が、MVといい、HPのデザイン、CDのジャケット、グッズ、あらゆるところに楽曲以外でもセンスの良さがにじみ出てる感じいいなあ、といつも思っています。CD持ってないけどグッズほしくなるもん。

 

と話が脱線し始めたので、今日はこのへんで。ではでは。

親に挫・人間が好きだと言えない

去年の冬くらいから好きなバンドがあります。その名は挫・人間。どんなバンドかは聞いてもらったほうが早いと思います。


挫・人間「人類」

大体お分かりいただけただろうか。

連休だとか、休みの日になると母から「今日は何するのー?」と聞かれることがあります。スピッツのライブに行くときは「今日はスピッツのライブなんだ。たのしみ!」と返信できる私だが、挫・人間のときは「今日はすきなバンドのライブなんだ。そっちは何してるの?」とバンド名は出さず、話題をさりげなく自分から逸らしにかかってしまう。

 

何故だ。


挫・人間13.11.09@新宿紅布 「Oh!チャイナ」「そばにいられればいいのに」「何故だ!!!」

理由はただ一つ。「うちの娘、大丈夫なの、こんな…狂ったようなバンド聴いて…」と思われるのが怖い。お母さんに無駄な心配をさせたくない、その一心である。

 

しかし母よ。娘を支え、元気づけているのがこの挫・人間なのです。落ち込むようなことがあった時、私の大好きなスピッツはもちろん私を癒してくれる。美しい歌詞に、素晴らしい曲…それは最早私にとって芸術に近い。ルノワールの絵を眺める、アレに近い。スピッツのライブでは毎回ひとり目に涙をためている。

それに対し、徹底的に挫・人間は傷心の私に寄り添う。頑張ってもうまくいかないことだらけで「私もうダメや!」となった時、挫・人間を聴いていると「それでもいいじゃないか!」という気持ちになれる。Vo.下川さんはどこまでも真摯だ。そのエネルギーが元気をくれる。下川さんは、オタクで引きこもりかもしれない。けど、叫んでる。

そんな気持ちにならない人もいるかもしれないが、私は「全部死ね!もうなんでもいい周りのもの全て死ね!」という気持ちになることがある。決して本気で人の死を願っているのではないのだけれど、なんか全部嫌になっちゃうとついそう思ってしまう(よくない)。学校に行くのがすごく嫌になって、学校を目の前にして何故か家へと引き返してしまうとか、なんかそういう分からない人にはとことん分からない葛藤を、下川さんは叫んでいるように感じる。そこに私は共感して、勇気づけられて、頑張ろうなんてポジティブな気持ちになれるのだと思う。

 

と書くとこのブログを読んだ数少ない人が「えー私には関係ないわ、そのバンド」とか思っちゃいそうなので言っておくと、ライブはとても楽しいし、9月に発売されたミニアルバムは聞きやすいし、上記のことは忘れていろんな人に聞いてほしいので、是非!

 

まずはこのMVを観て、


挫・人間「セルアウト禅問答」

「あ、好きかも」と思ったら、Newミニアルバム『非現実派宣言』を聴いて、

非現実派宣言

非現実派宣言

 

 「お。好きやわ」と思ったら2ndアルバム『テレポート・ミュージック』を聴いて、

テレポート・ミュージック

テレポート・ミュージック

 

「どんな楽曲でもいけそう!」と思ったら、1stアルバム『苺苺苺苺苺』を聴くのがおすすめです。

苺苺苺苺苺

苺苺苺苺苺

 

 そしてこれを観てライブへ行こう。


挫・人間【テクノ番長・振り付け】

 

親に次「何してるのー?」とライブに行く日に聞かれたら、ちゃんと答えたいですね。

 

 

秋に観たい、台湾映画

前に「夏休みに観たい、台湾映画」というタイトルで書いたので続編ということで。私がなんとなく「これは今の季節に観るといい感じがする」という理由にならない理由でチョイスした台湾映画を紹介したいと思います。

 

1.ヤンヤン 夏の思い出(2000)

ヤンヤン 夏の想い出 [DVD]

ヤンヤン 夏の想い出 [DVD]

 

 東京国際映画祭で『牯嶺街少年殺人事件』、そして東京フィルメックスで『タイペイ・ストーリー』が上映されることとなり、エドワード・ヤンファンにはうれしいニュースが続く今日この頃。そんな台湾の巨匠・エドワード・ヤンの最後の作品が本作になります。エドワード・ヤンは、『ヤンヤン』の次の作品(アニメ作品だった)の作成途中、59歳で亡くなりました。もし彼があと5年、10年生きていたらどうなっていたのかとそんなたられば物語を考えてしまいます。

ヤンヤン』は、マンションで暮らす一つの家族を描いた作品。少年ヤンヤンは、姉、母、祖母、父の5人暮らしの普通の家庭。ヤンヤンの叔父の結婚式を境に、祖母は昏睡状態に、母は新興宗教にハマって家出、父は昔の恋人に再会、姉は友達のボーイフレンドに惹かれ初め…。

何気ないセリフの1つ1つがどこまでも深く染み入ります。過去の自分、これから、思春期、生と死…見る人によって捉えるテーマは違うかもしれません。それでも、必ず何かを考えさせ、そして何かを残してくれる作品です。

ストーリーだけでなく、エドワード・ヤンが好んだガラス越し・ガラスに反射するカットなど、映像としても非常に美しい。『悲情城市』などのホウ・シャオシェン作品の脚本や、監督作『父さん』で知られるウー・ニエンツェンが父親役をつとめているのも注目です。秋にぴったりな静かな名作。

 

2.愛情萬歳(1994)

 私が愛してやまないツァイ・ミンリャン監督の2作目。1作目も良い!のですが夏っぽいので今回はこちらをチョイスしました。ちなみに1作目は『青春神話』。『ピクニック』とか『楽日』を観て「ツァイ・ミンリャンなんだか苦手だなあ」と思った人でも、『青春神話』はそこまでクセも強くなく見やすいのでおすすめです。私は、一番観やすいのが『青春神話』だと思っています。

 話を『愛情萬歳』に戻すと、これは実に奇妙な物語。舞台は都会の一角にあるマンション。不動産会社に勤め、このマンションの一室を自分の休憩場所にしているメイ。メイが忘れていった鍵を手に入れてマンションを寝床にし始めたシャオカン。メイと関係を持って彼女から鍵を手に入れたアーロン。3人の織り成すすれ違い生活はどうなってしまうのか…。

都会のなかで生きる孤独がカメラを通して痛いほどに私たちに伝わってきます。また、本作で明らかになったシャオカンが抱える「あること」(ネタバレになるから言えない)は3作目の『河』へと繋がっています。

そんな中、くすっと笑えてしまうシーンがちりばめられているのがこの作品の素敵なところ。このユーモアのおかげで作品が重くなりすぎず、全体の風通しがよくなっています。

実はこのブログのヘッダーはこの作品のワンシーン。アーロンがメイに電話をかけるシーンです。

アーロン役のチェン・チャオロンがこれでもかというくらいカッコいいので是非!(チェン・チャオロンが好きで好きで堪らないので、また彼に焦点を当てて書きたいです)

 

何だか割と有名どころになってしまいましたが…秋ということでしみじみと物思いに耽ることのできそうな作品を紹介しました。次はもう少しマイナーどころも紹介したいですね。ではでは。

台湾映画と言語

台湾映画が好きなのですが、台湾華語も北京語も何も分からないために作品の背景が分からないことがよくあります。

 

エドワード・ヤンエドワード・ヤンの恋愛時代』(祝・クーリンチェ上映決定!)

エドワード・ヤンの恋愛時代 [DVD]

エドワード・ヤンの恋愛時代 [DVD]

 

 本作では、登場人物が台湾語を使ったり北京語を使ったりしているそうなのですが、全く分かりませんでした。北京語をスラスラ話すエリートたちに対し、会社の出資者のアキンは方言なまりの台湾語…という対比があるんだとか。

(このことは下の本を読んで知りました。読んでから暫く経って記憶で書いているので、違うことを書いていたらすみません。)

エドワード・ヤン

エドワード・ヤン

 

 

▼レスト・チェン『花蓮の夏』

花蓮の夏 [DVD]

花蓮の夏 [DVD]

 

最近の台湾青春映画はレズビアンやゲイを描いた作品がちょこちょこありますよね。『藍色夏恋』『GF*BF』等。この作品もゲイの男の子が主人公です。その辺も気になるところなのですが、今回は言語の話を。

幼馴染のショウヘンとジェンシンの通う高校に、香港からやって来た転校生のホイジャ。彼女の言葉を聞いたショウヘンが「変な発音だ。香港人か?」と言うシーンがあります。また、彼女がついつい広東語を使うシーンも。この発音の違いが分からなくても、映画を観る分には何も問題ありませんが、もしこのショウヘンのセリフがなかったら全然気付けなかっただろうなとよく思います。

 

このほかにも、ホウ・シャオシェン悲情城市』など、台湾語のほかに広東語や北京語が登場する映画はありますが、いずれの作品もこのあたりの言語を全く学んでいない人にはどれが何語なのか分かりません。

この辺が分かるようになるともっと台湾映画が楽しめるんじゃなかろうか…。と何の解決策も出さず終わりにしますが、文学同様、訳の限界を感じるところですね。とりあえず、こんなものを買ってみたので気休め程度にちょっとだけ台湾語と台湾華語をかじってみようと思います。かじることにもならないかもしれないけれど。

CD BOOK たったの72パターンでこんなに話せる台湾語会話 (アスカカルチャー)

CD BOOK たったの72パターンでこんなに話せる台湾語会話 (アスカカルチャー)

 

 

ではでは。

 

少女ではなくなっていくーSHISHAMO『夏の恋人』

夏ももうすぐ終わりか…と思うことも増えた今日この頃。

そんな夏の終わりにぴったりな一枚がこちら。

夏の恋人

夏の恋人

 

 SHISHAMOのCDを買ったのは何気に初めてです。

 

ある日、ラジオで耳にした「夏の恋人」のVo.朝子さんの声が耳から離れなくてMVを観てみることに。


SHISHAMO「夏の恋人」

初めてじっくり一曲聞いて感動は深まるばかり。あまりにも良すぎたので、CDを買うと「夏の恋人」だけでなくB面の「恋に落ちる音が聞こえたら」もすごく良い(ボキャ貧)。拙いながらも、そしてSHISHAMOの曲を沢山聞いてきたわけではないながらも、感想を少し書いてみようかと思います。

 

1.夏の恋人

恋人との別れ、そして少女から大人へー22歳の瑞々しさとほろ苦さの溢れるSHISHAMO初のバラード・シングル。ストリングスが入るのも初ということですが、不思議と新しい感じはしない。もちろん、いい意味で。しっとりとした曲調と朝子さんの切なげな声は相性抜群!で、ストリングスも朝子さんの声ののびやかさを彩るように至って自然。「これがSHISHAMOというバンドだよ」と初めて聞かされたら「あ、SHISHAMOってこういう曲を作ってこんな感じで演奏するのか」と納得して、これまでもこういう曲作ってたのかな、と思うくらいしっくりくるカンジ。

美しいギターの音に誘われ歌いだす朝子さんの声は、聴いた瞬間惹きつけられるものがある。切なげな声だが、力強い。歌唱力でいえばもっと上手い人なんて、沢山いる。けれど、朝子さんの歌声は歌唱力だけでは測れない、人を惹きつける力がある。ものすごい才能だ。ハートを掴まれるってこういうことだよな。

冒頭部分の≪きっとしょうもないよね≫ ≪だけど夏が終わるまで≫という歌詞は、まるで自分に言い聞かせるように繰り返し歌われ、切なさが膨らむ。≪夏の恋人に手を振って 私からさよならするよ≫と一見「恋人との別れの歌」に見えるのだけれど、2番に入ると≪いつまでも子供でいたいけど ねぇ、だめなんでしょう?≫というような歌詞があるのが分かる。単なる「恋人との別れ」ではなく、それは同時に「大人になる」ということらしい。

私も齢若干20歳。「大人になる」ということがどういうことかは分からない。自分が大人に近づいているのかも分からない。けれど、月日が経つにつれ自分が少女でなくなっていく、それは分かる。制服を着ていた10代の頃は、なんとなく20代って大人だと思っていた。いざ20歳になってみると全然自分の思っていた大人になんかなれてなくて。でも、もう少女でもなくなっていて。どこへ向かっているのかもわからず、どうにかもがいてみる。そんな不安定さが20代前半にはあるんじゃないか。

そんな少女と大人の狭間を漂う20代が、等身大に描かれている一曲ではないでしょうか。そして、今のSHISHAMOにしか書けない曲ではないでしょうか。MVは、MVならではの演出がなされているのでCDしかチェックしてない!という方は是非見てみて。

 

2.恋に落ちる音が聞こえたら

まとまらない感想は、もう少し続きます。「夏の恋人」とは打って変わってアップテンポなB面。

視聴はコチラ▶『夏の恋人』SHISHAMO|シングル、アルバム、ハイレゾのダウンロード(配信)、歌詞、音楽ランキング【レコチョク】1004793140

こちらは片想いが実る瞬間を描いたキュートな一曲。恋愛において、一番テンションが上がるのってこの瞬間じゃないだろうか。とにかく「うれしい!」「だいすき!」という喜びと(なんかドリカムみたいになってしまった)、ふたりのこれからに対する期待が、眩しい。眩しい。齢20歳だけれど、既にこういうの眩しくなってしまったよ、そういうところが少女じゃないんだよ。

Aメロのギターの使い方が個人的にツボ。「恋に落ちる」という表現はよく使われるけれど、そこに「音」のイメージを結びつけたのが新しい。恋に落ちる音がする、なんていうとっても新しい素敵な表現。サビに入る瞬間の≪あなたから≫≪大好きよ≫がたまらなく気持ちいい。短い音を並べて「あなったっからっ!」と歌った後のサビは一音一音が長めで、前後の対比のためにこの長さが効いてくる。≪あなたから音がする 私を好きになったね≫≪私なら あなたを見たこのとない楽しい世界へ 導いていけるはず≫というちょっぴり積極的な女の子像がたまらない。最早男の子になって、この子に恋されて恋したい。

 

シングルということで2曲だけなのですが、2曲とは思えない聴いた後の満足感。これを機にこれまでのSHISHAMOももっとちゃんと聞きたい、そして同時に、これから20代を経て30代へと向かっていく彼女たちを見ていたいとも感じた1枚でした。バンドと一緒に歳を重ねられるのっていいね。

 

レビューとか雑誌とかまだ全然見ていないので、色々見ていこうと思います。(レビューとか雑誌読む前に感想書くと、他のものに引っ張られないで書けていいですね)

ではでは。

素晴らしき平行線。

久しぶりの更新。いろいろ忙しかったり、体調を崩したりしているうちに8月が去っていきました。早いもんだ。とはいえ、我々大学生はこれからが夏休み本番という感じもする。

 

今日『グッド・ストライプス』という映画を観ました。

f:id:mn_meee:20160903221756j:image

 


菊池亜希子×中島歩共演のラブストーリー!映画『グッド・ストライプス』予告編

2015年、岨手由貴子監督。

どこか子どもっぽさの残る緑と、優柔不断な真生(まお)は交際4年目のマンネリカップル。ある日緑の妊娠が発覚し、それを機にふたりは結婚をすることになるがー。

妊娠したから結婚…する? 結婚式はあげなくてもいいのに。 お互いの家にあいさつってするべきなの? そんな結婚に消極的なふたりの、結婚への静かでゆるやかなドラマが描かれます。ドラマというより日常かもしれない。

物語を通して、なにか決定的な大きな事件が起きるわけでも、大きな困難が立ちふさがるわけでもない。緑の妊娠をきっかけに、自分の家族や相手のことをすこしだけ考えたり、知ったりしていく。それはあくまで日常の域を出ない。だれかの人生をちょっと覗いている、ちょうどそんな感じだ。

結婚や恋愛というと、恋人同士がぶつかり合って、そして歩み寄っていくという描かれ方も多いような気がするが、この作品にはそんなぶつかり合いもないし、涙も「好き」の一言もない。

『グッド・ストライプス』というタイトルの通り、ふたりは結婚するが平行線のままだ。緑は緑のまま、真生は真生のままこの先も生きていく。結婚するからって互いに干渉したり妥協しあったりはしない。自然にのびのびとした、そのままの姿をお互い受け入れて、同じ方向へ向いて生きていくだけ。こういうカップルの方が長続きしそう。

 

キャストもよかった。特に真生役の中島歩さんがハマりすぎ。どの登場人物もダメなところはあるけれど、どこか愛おしい。その愛おしさをうまくキャストが作り出している。

 

ともかく『グッド・ストライプス』良かったです。音楽も最初のアニメーションも素晴らしくておすすめです。


大橋トリオ / 「めくるめく僕らの出会い」 (映画『グッド・ストライプス』主題歌)

 

ではでは。

 

夏休みに観たい、台湾映画

やっと夏休みが来た。いや、なんかいろいろ担当になって雑務をこなしたり、他にもサークル的なもの(説明が面倒)もあったりとなんやかんやあるのでのびのびとはいかないが、それでも夏休み、その響きはいい。

今年はきちんと勉強もしつつ、映画に音楽と楽しみたいなとぼんやりと思っております。なんだかんだ勉強は楽しいので、それは有り難いことだなと思います。

そんなこんなで夏休み。前にブログで書きましたが私は台湾の映画が大好きです。ということで、夏休みに観たい!台湾映画と題しまして、少しだけ映画を紹介しようと思います。

 

1.『九月に降る風』(2008)

九月に降る風 [DVD]

九月に降る風 [DVD]

 

 

制服の白がまぶしい青春映画。『GF*BF』や『モンガに散る』などの作品でもおなじみのリディアン・ボーンを主演に、男子高校生7人と女子高生2人の姿を描いた群像劇です。

 

GF*BF [DVD]

GF*BF [DVD]

 

 

モンガに散る [DVD]

モンガに散る [DVD]

 

 

「9月に降る風」というのは季節風のことですが、別れの季節を思わせる言葉となっています。台湾の学校の卒業・入学は日本とは違って9月なので、日本でいう桜みたいな感覚なのでしょうか。

バイクに、夜のプールといった台湾青春映画らしいモチーフに溢れていますが、野球の賭博問題がストーリーに絡むあたりが珍しいのでは。友人との友情、諍い…キラキラというよりも痛々しく胸が張り裂けそうになる青春があります。主演のリディアン・ボーンを始め俳優さんもカッコいいのでそういう点からも楽しめますよ。

少し大きめのレンタル屋さんに行けば借りられる作品です。小さいところだと置いていないこともあるので、よく確認してみてくださいね。

 

2.『西瓜』(2005)

ツァイ・ミンリャン監督作品  西瓜 [DVD]

ツァイ・ミンリャン監督作品 西瓜 [DVD]

 

ツァイミンリャン監督の夏らしいタイトルの作品。元恋人の再会のお話。可愛らしいタイトルとは裏腹に激しい性描写もあるので見るときはご注意を(家族で見たら大変なことになる)。諸所に挟まれるミュージカルパートは本編の静けさ・雰囲気の暗さに比べて、振り切れたように明るく度肝を抜かれます。そんなギャップも楽しい1本。台湾ではけっこうヒットしたというのだから驚きです。

カメラが人を捉える-それだけなのに、ここまで孤独を感じさせるのがツァイ監督のすごいところ。

この作品TSUTAYAには割と置いてあるので気軽にみられるかと思います。

 

随分と適当な紹介になってしまったけれど、今日はこのあたりで。また気が向いたら続き書きます。ではでは。