mn'95blog

映画や音楽などいろいろ。

誘拐の岡嶋

今年まだブログ書いなあーと思っていたらあっという間に2月が来てしまって…はやいもんだ。本や漫画や映画の感想を、書きたいなと思ったものだけまとめて。 「誘拐の岡嶋」 今年に入ってから最後まで読み切った本が5冊。うち三冊は続きモノ。 岡嶋二人『七日…

このいくじなしが

私の大好きな挫・人間の下川さんが筋肉少女帯が好きだということで、近頃筋少をちょこちょこ聴いていますが「いくじなし」…これは強烈。初めて聴いたとき背筋がゾクリとした。 いくじなし 最近のお気に入りです。カッコいいや。 フィギュアスケート ここ2,3…

見ろ あの夕焼けを 美しい・・・

スピッツ 先日、スピッツのツアーに参加してきました。「えっそれやるんだ!」という曲もあってとても楽しかった。「放浪カモメはどこまでも」「アカネ」とかやってくれたのがカッコよくて、最近『隼』を聴き直してる。『隼』ってスピッツのなかでも、すごく…

『グミ・チョコレート・パイン』に出会ってしまった

最近、学校の勉強に面白さを感じなくなってしまった。やる意味もよく分らなくなり、読むべき論文たちを放り出して本と、漫画と、映画と、音楽と、この4つで1週間を過ごしている。罪悪感のようなものをおぼろげに感じつつも、そんな生活はやっぱり楽しいと…

もう10歳になる

実家の犬が来年の2月で10歳になる。人間の歳にすれば、もう50だとか60らしい。 今日母から、1週間ほど前にうちの犬が突然足を痙攣させて動けなくなったと聞いた。一時的なもので、病院に行って薬を処方してもらったら次の日には元気になっていたというが、原…

ぼくらのロックスター

ブログのアクセス数を特別伸ばしたいとは思っていないけれど、自分が楽しく書けたものより、なんとなく書いたものの方がアクセス数多いってなんかテンション下がる。Twitterも同じで、この前『ゴジラ対モスラ』『三大怪獣 地球最大の決戦』の感想を呟いたら…

11/27挫・人間@渋谷クアトロ

関西在住なのですが、昨日日帰りで東京へ行ってきました。 当初は、東京フィルメックスで上映のエドワード・ヤン『タイペイ・ストーリー』が観たくて東京行きを決めたのですが、同じ日の夜に挫・人間とグッバイフジヤマの対バン(グッバイのレコ発)があるこ…

あのバンドがスピッツを歌ったら

先日「このバンドがスピッツ歌うならこの曲だよな!」という会話をして、なかなか楽しかったので自分用のメモ程度にここにまとめてみようかと思います。 私はいろんなバンドを広く聴くタイプではないので、出てくるバンドはかなり限られるけれど、そこは、ま…

親に挫・人間が好きだと言えない

去年の冬くらいから好きなバンドがあります。その名は挫・人間。どんなバンドかは聞いてもらったほうが早いと思います。 挫・人間「人類」 大体お分かりいただけただろうか。 連休だとか、休みの日になると母から「今日は何するのー?」と聞かれることがあり…

秋に観たい、台湾映画

前に「夏休みに観たい、台湾映画」というタイトルで書いたので続編ということで。私がなんとなく「これは今の季節に観るといい感じがする」という理由にならない理由でチョイスした台湾映画を紹介したいと思います。 1.ヤンヤン 夏の思い出(2000) ヤンヤン …

台湾映画と言語

台湾映画が好きなのですが、台湾華語も北京語も何も分からないために作品の背景が分からないことがよくあります。 ▼エドワード・ヤン『エドワード・ヤンの恋愛時代』(祝・クーリンチェ上映決定!) エドワード・ヤンの恋愛時代 [DVD] 出版社/メーカー: アップ…

少女ではなくなっていくーSHISHAMO『夏の恋人』

夏ももうすぐ終わりか…と思うことも増えた今日この頃。 そんな夏の終わりにぴったりな一枚がこちら。 夏の恋人 アーティスト: SHISHAMO 出版社/メーカー: GOOD CREATORS RECORDS / UNIVERSAL SIGMA 発売日: 2016/09/07 メディア: CD この商品を含むブログを…

素晴らしき平行線。

久しぶりの更新。いろいろ忙しかったり、体調を崩したりしているうちに8月が去っていきました。早いもんだ。とはいえ、我々大学生はこれからが夏休み本番という感じもする。 今日『グッド・ストライプス』という映画を観ました。 菊池亜希子×中島歩共演のラ…

夏休みに観たい、台湾映画

やっと夏休みが来た。いや、なんかいろいろ担当になって雑務をこなしたり、他にもサークル的なもの(説明が面倒)もあったりとなんやかんやあるのでのびのびとはいかないが、それでも夏休み、その響きはいい。 今年はきちんと勉強もしつつ、映画に音楽と楽し…

気になる雜誌

やるべきことは、たくさんあれどそう簡単にいくこともなく一時休戦ということでブログを書く。これも立派な休憩。 今日は気になるものについて話すついでに、浅い知識ながら少し紹介できれば。 タイトルだけ見ると雑誌が気になっているような感じになってい…

ひとりごと

周りが夏休みだの何だの、という時期にテスト期間真っ盛りな上に夏バテもおそってきてしんどい今日この頃です。いろいろ終わったら、せっかくブログを作ったので好きなCDや映画の感想をたくさん書きたい。 ロキノンでされていましたが、スピッツの全アルバム…

さよなら、また今度ね

※以前Tumblrに投稿したものなので、さよなら、また今度ねの解散当時に書いたものです 「音楽何聞くの?」と聞かれたら、ずば抜けて好きなのがまずスピッツ。そしてさよなら、また今度ねです。さよなら、また今度ね(略して「さよ今」)はポップであったかい曲…

『小さな悪の華』(1970)

製作当時、本国フランスで上映禁止となったこの作品。ボードレールに耽溺する美しい少女たちーアンヌとロールの2人は、サタンに心を捧げ悪に身を染めていく。 小さな悪の華 <デジタル・リマスター版> [DVD] 出版社/メーカー: TCエンタテインメント 発売日: 2…

スピッツ『醒めない』

来年で30周年を迎えるスピッツのニューアルバム。『小さな生き物』から3年。近年彼らを「ロックよりもポップ」と評する声も聞くけれど、『醒めない』はこれまでで一番「ロック」に拘った一枚では?と思うほどにサウンドがロック!「人とは違うことをしてやろ…