mn'95blog

映画や音楽などいろいろ。

ぼくらのロックスター

ブログのアクセス数を特別伸ばしたいとは思っていないけれど、自分が楽しく書けたものより、なんとなく書いたものの方がアクセス数多いってなんかテンション下がる。Twitterも同じで、この前『ゴジラモスラ』『三大怪獣 地球最大の決戦』の感想を呟いたら全然いいね押されなくてなんかめちゃくちゃ悔しかった。しょうもないツイートでいいねされて、結局本当に分かち合いたかったり、誰かとそれについて話したりしたいものについてはいいねされないものだな。人生なかなかうまくいかない。

これまではたまにしかブログは書いていなかったのだけれど、Twitterは字数が少ないし色々話そうと思うとかなりの数のツイートにまたがってしまって嫌なので、もっと日記のようにもブログを使うことにしました。自分の記録というのが第一だけれど、読んでくれる人がいたら嬉しいなとも思う。最近考えていることとか、趣味の話とか色々書いていくつもりです。

 

50回転ズ

一昨日、神戸Varit.であったザ50回転ズのライブに行った。「50回転ズのギャー!!」再現ライブのツアー初日。50回転ズは、今年の6月に挫・人間が目当てに行ったライブで初めて観て(曲を聴いたのも初めてだった)頭とハートをガツンとやられ。あの衝撃は、一生忘れる気がしない。あんな心の底から震えるくらい何かに対して「カッコいい!」と思ったことが今までの人生20年間で何度あっただろうか。すっかり彼らのロックンロールにやられてしまった私は、後日学生らしく中古屋で「ギャー」を購入し、またライブに行くことを誓って、それでついに一昨日それが叶った。

50回転ズのワンマンに行くのは初めてで、彼らのライブ自体2回目だったので、客層も分からず少し不安を抱えつつ一人ライブハウスへ向かった。グッズは持っていなかったので、チェックシャツにトレーナーという格好で行ったら、周りはTシャツだとかラフな格好のお姉さん、少しイカついお兄さんばかりで浮いてしまった。もっとなんかこう、ロックバンドっぽい恰好をしてくればよかったと後悔しつつ、ベース側の前の方で待機。50回転ズが照明に照らされてステージに現れた時、ものすごく私の目はキラキラしていたに違いない。もう、カッコいい、それしか言えない圧巻のライブだった。

稲妻のように走るダニーのギターの音が大好きで、ベースを弾きながら歌うドリーが大好きで、パシッとした深くて力強いボギーのドラムが大好きで、もうこれはずっと言っているのだけれど、やっぱり50回転ズは「ぼくらのロックスター」というカンジがする。強烈な憧れとアツさ。

ダニーの「俺たち、10年前からずっと、今も、ロックンロールに恋してんだ」

という一言にもう溺れてしまいそうだった。6月に初めて観た時に衝撃を受けた「Saturday Night」はやっぱりカッコよくて痺れた。あと、いままで好きではあったけれど特別思い入れはなかった「天王寺エレジー」がやたらカッコよくて、これまでよりずっと好きになった。ライブで聴くと印象が変わって好きになる曲ってあるよね。

お兄さんたちの間で揉まれて汗だくになったけれど、これでもかというくらい気持ちよかった。また行きたいなあ50回転ズ。そしてラモーンズも聴きたいな。


ザ50回転ズ「50回転ズのテーマ」(MV) (2016年新VERSION)

 

 

 

げんしけん

漫画は父の影響で小さいころから結構すきで、そこまで大量には読まないけれど、コンスタントにちょこちょこ読んでいる。新しいものも古いものもごっちゃで読んでる。最近『げんしけん』にハマっています。まだ8巻までしか読んでいないけれど、斑目が好きすぎる。オタク漫画なのだけれど、登場人物たちの心情とかけっこう細やかに描かれていて、オタク云々抜きで群像劇として面白い。ネタバレになるからあまり詳しく書けないけれど、登場人物たちの表情がとても良い。9巻、そして二代目も早く集めて読みたい。

げんしけん(1) (アフタヌーンコミックス)

げんしけん(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 『富士山さんは思春期』とか、集めかけの漫画が多いのでちゃんとそろえてやりたいですね…。オジロマコト先生こそ、細かい描写・表情上手いですね。セリフとか下手に足さなくても、絵だけで語れる力があるのがすごい。映画も、音楽とセリフがなくても映像と環境音だけで圧倒されちゃう時があるけれど、そういうのと似てるなと思う。

 

日記風にしたら、途端に書きやすくなった…。これからはしばらくこんな感じで行こう!今日はこの辺で。ではでは。